バー
haccp
オーディス
haccp

 



haccp
haccp
haccp
haccp
fssc
haccp
haccp
haccp
haccp
haccp
haccp
haccp
haccp
haccp
haccp
haccp

 

Global Eye
















haccp haccp
fssc

haccp
FSSC22000 食品安全システムの概要
haccp


FSSC22000とは

FSSC22000は、Food Safety System Certification 22000の略であり、食品製造組織に向けた、新しい食品安全システムの規格です。 EU食品・飲料産業連合(CIAA)の支援の元、FFSC (Foundation for Food Safety Certification)によって開発されました。 
FSSC22000は、2010年2月、食品小売業界が中心となり2005年に設立された非営利団体、国際食品安全イニシアチブ(GFSI: Global Food Safety Initiative)により、食品安全の認証スキームの一つとして承認されました。 GFSI承認の規格は世界の著名な食品製造メーカー、総合スーパーや小売業といった組織によってサプライチェーンマネジメントの指針として採用されています。
ISO22000とISO22002という国際標準化機構が発行しているISO規格とFSSC22000の追加要求事項を組み合わせてFSSC22000というISOではない別の国際規格の認証が可能であるところが一般にはわかりにくいところです。導入で注意が必要な点はISO22000の確実な構築を基本とし、FSSC22000追加要求事項の正しい解釈と前提条件プログラムの適切性だといえます。

  現在の国内食品市場において、FSSC22000の知名度から必要性を感じている食品関連企業はわずかであろうと推測されます。しかし、世界的な動きではISO22000からGFSIの承認している規格であるFSSC22000に移行しつつあります。GFSIの目的からすると前提条件プログラムの明確化による食品安全の確保と、取引先監査の削減や認証規格数のスリム化など直接的利益に繋がる部分が多いことなどが採用の要素となっていることや、GFSIのメンバーが国際的な流通大手や食品大手が多いことも取引先要求になっていることもあります。

PAS220:食品安全に関する前提条件プログラム


ISO/TS22002:食品安全のための前提条件プログラム
前提条件プログラムの項目内容を補完するために、2008年に、国内外でバラツキのみられた衛生管理の基準等を詳細に規定するなどより国際的な調和をはかった、食品製造業向けのPAS220:2008「食品安全に関する前提条件プログラム」やISO/TS22002「食品安全の為の前提条件プログラム」を発行しました。


fssc
 
FSSC22000フレームワーク
フレームワーク



オーディスによるFSSC22000審査登録
オーディスは食品安全審査には国内屈指の実績とノウハウを持ち、FSSC22000に関しても基礎衛生要件として前提条件プログラム(PAS-×××又はISO22002-×)を利用することから、これまでのHACCPやISO22000における審査より更に、現場でのクレーム要因改善に直接的なマネジメントシステムを審査することが可能になりました。これは中小食品企業の食品安全審査を得意とする専門性と食品産業を多数審査したことから得られているノウハウがあるからこそ実現しました。同時にFSSC22000規格要求事項に精通した審査員が豊富なため、受審企業が過剰要求に悩まされる心配もありません。受審組織の中には十数名の中小組織規模という事もありますし、初めて受ける審査がFSSC22000でどのように審査登録手順を踏んだらよいのかわからないこともあるかと思います。オーディスでは担当審査員が責任をもって受審スケジュールを作成いたしますので、お気軽にご相談ください。
※オーディスはFFSCよりFSSC22000の認定を受けた公式な審査登録をおこなっています。

★現在ISO22000:2005の認証をされている企業は、直近の定期審査にて移行が可能。
★審査費用は事前にお見積をご提出いたします。
FSSC22000ホームページhttp://fssc22000.com/

haccp

haccpFSSC22000に関するお問合せ、ご相談はこちら

お電話でのお問合せは 03-5302-2330  

haccp

Copyright c AUDIS All Rights Reserved.